キャッシング審査甘くて通りやすい

専業主婦だと借りられないの?

専業主婦だと借りられないの?というと、そんなことはありません!キャッシングきるところはあります!しかしこの場合、配偶者の職場へ在籍確認の電話が入ってしまうことや、所得証明書や配偶者の同意書などを提出する必要があるんです。キャッシングをする人の中には、配偶者に知られずにキャッシングしたい方もいるでしょう。だとすると、配偶者へ確認の連絡がいく事だけは避けたいところです。そう考えても誰にも知られずにキャッシングできる、カードローンがおすすめのキャッシング方法だといえますね!ですから、配偶者に借り入れを知られたくない、そんな方でも安心して利用できるでしょう。もちろんキャッシングの借入審査は、申し込みをされたご本人(専業主婦の方)の借入審査を行います。(配偶者の方の収入などは一切関係ありません)「だったら、いくらまで借りられるの?」これに関しては、ご自身の借入審査の結果次第となります。それと借入できる限度額は事前に決められており、多くても「~50万円ぐらい」まで銀行のローンは総量規制の対象外となります(改正貸金業法は貸金業者を対象とした規制なので、銀行は該当しません)。

日々の家計をやりくりして乗り切っている主婦にとって、急な出費は脅威ですよね。2010年に改正された貸金業法に総量規制が導入されました。を指します。例えば、パートをしている主婦の方は、専業主婦ではないですね。総量規制とは、個人の借入可能額が年収の3分の1までに制限されること。たとえば、年収300万円の方は100万円以下の金額しか借りることができません。ただし、ここでいう「借入」とは、主に貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)からの借入れのことを指します(銀行のローンは対象外となります)。そもそも専業主婦って?と思われる方のために、専業主婦の定義を伝えておきますと、専業主婦とは「収入がない」主婦のことそもそもキャッシングができる人の基本的な条件として、「20歳以上で安定した収入がある」が挙げられますが、残念ながら、専業主婦の方はこの条件に該当しないわけです。

2つだけ例外があります。ひとつは「配偶者貸付」、もうひとつは「銀行のローン」です。貯金でまかなえれば一番ですが、それも難しいことってありますよね。特に日にちが迫っている時は、どうしてもお金を借りたいと思うことがあるでしょう。個人がお金を借りるとなると、一般的なのはキャッシングやカードローンです。しかし、現在は法律が改正されたため、専業主婦が利用できるローンがかなり限られています。この記事では、専業主婦が利用できるローンの種類と利用条件について、できるだけわかりやすく解説してみました。慢性的にお金を借りるのはお勧めできませんが、どうしようもない事情があり、利用が一時的であれば問題はありません。これから紹介する銀行カードローンは、専業主婦の方がキャッシングできるだけでなく、配偶者(夫)の収入証明や同意書などが必要ありません!この場をしのいで、早めにお金を工面してくださいね。

そのため、審査さえ通ってしまえば、本人の収入に関係なくお金を借りることができます。といっても、実際は本人に収入がないと申込めない銀行ローンがほとんどなのですが、なかには専業主婦でも申込めるものがあります。ただし、配偶者である夫に安定した収入があることが前提条件となります。このため、大手消費者金融のほとんどが「本人に収入がない方」の申込みを断るようになってしまいました。これまで消費者金融を利用していた主婦にとっては厳しいですよね。では、専業主婦はキャッシングを利用できなくなったのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。